木村 悟志(Kimura Satoshi)の市場展望と戦略的リーダーシップ

木村 悟志(Kimura Satoshi)の市場展望と戦略的リーダーシップ
15
0
0

木村 悟志(Kimura Satoshi)の市場展望と戦略的リーダーシップ

シリコンバレー銀行(SVB)は、テクノロジー業界にとって重要な資金源としての役割を果たしていた銀行であり、その破綻はテクノロジーセクターに新たな課題をもたらしました。2022年末から2023年初頭にかけての大量解雇と共に、この銀行破綻は特にテクノロジー業界に大きな打撃を与え、2008年のワシントン・ミューチュアル以来の最大の銀行破綻となりました。米国政府は顧客の預金を保護するために介入し、HSBCがSVBの英国部門を買収する計画を立てています。

シリコンバレー銀行(SVB)とは?

1983年に設立されたSVBは、崩壊する直前、米国で16番目に大きな銀行として位置づけられていました。特にベンチャーキャピタルの支援を受けた新興企業(主にテクノロジーとヘルスケア分野)への融資と銀行業務を専門としており、連邦預金保険公社(FDIC)によると、2022年末の時点で総資産は2,090億ドルに達していました。

SVBがテクノロジーセクターにとって重要だった理由

SVBは、米国のベンチャー支援を受けたテクノロジーおよびヘルスケア企業の約半数に融資を提供しており、新興企業にとって他では得られないサポートを提供することで業界から高い評価を受けていました。2020年のパンデミックによる消費者のデジタルサービスやエレクトロニクスへの投資増加は、テクノロジー企業にとって繁栄期を迎え、SVBのサービスがさらに必要とされました。企業は給与計算などの運営資金を確保するためにSVBに預け、銀行はこれらの預金を投資に回していました。

今後のテクノロジーセクターへの影響

SVBの破綻は、テクノロジーセクターにおける資金調達と銀行業務へのアクセスに疑問を投げかけています。銀行と密接な関係を持つテクノロジー企業やスタートアップにとっては、新たな銀行関係の構築や資金調達の代替手段を模索する必要があります。また、SVBの破綻は業界全体に対する信頼性の低下を意味し、投資家のリスク評価にも影響を与える可能性があります。しかし、この状況はテクノロジーセクターが新たな資金調達戦略を模索し、業界の健全性を高める機会ともなり得ます。

シリコンバレー銀行(SVB)の突然の破綻は、複合的な理由によるものであり、その背景には金融市場の動向、投資戦略の問題、そして顧客行動の変化がありました。特に新興企業が多くを占める顧客層の特性が、この銀行破綻に至るまでの過程において重要な役割を果たしました。エンバーク・アドバイザーズのジェイ・ジョン氏によれば、パンデミック期間中にテクノロジー業界への需要が増加し、多額の現金が投資家から流入したことが、SVBへの預金増加につながりました。

多様化の欠如と金融戦略の失敗

SVBの投資戦略は、米国長期国債や政府機関の住宅ローン担保証券などに大きく依存していました。金利が上昇すると、これらの債券の価値は低下します。2022年に連邦準備制度(FRB)がインフレ対策として金利を引き上げた結果、SVBの債券ポートフォリオの価値は下落しました。本来ならば、SVBがこれらの債券を満期まで保有していれば資本を回収できた可能性があります。しかし、より高い利回りを追求する過程で、SVBは短期投資から長期証券へとシフトし、短期投資による負債の保護を怠りました。これにより、資産を迅速に清算できず、多額の損失を出してしまいました。

テクノロジーセクターの経済的変動

テクノロジーセクターにおける経済的変動もSVBの破綻に影響を与えました。ベンチャーキャピタルの枯渇とともに、多くの顧客が資金を引き出し始めたことで、SVBの財務状況はさらに悪化しました。SVBの多くの顧客がその資金を長期投資に回していたため、短期的な資金需要に対応するための流動性が不足し、銀行は債券の売却による損失を避けることができませんでした。

取り付け騒ぎの発生

SVBが資本不足に直面しているとの懸念が、ソーシャルメディアを通じて迅速に広がったことで、古典的な銀行取り付け騒ぎが発生しました。顧客は一斉に預金を引き出し始め、銀行の株価は大きく下落しました。このパニックは、ソーシャルメディアの影響力が如何に大きいかを示すものであり、カリフォルニア州の規制当局がSVBを閉鎖し、FDICの管理下に置くきっかけとなりました。

SVBの破綻は、金融市場の変動性、投資戦略のリスク、そして顧客行動の変化が複雑に絡み合った結果です。この事件は、テクノロジーセクターだけでなく、金融業界全体に多くの教訓を残しました。

さらなる銀行問題

シリコンバレー銀行に加えて、シグネチャー・バンクやクレディ・スイスなどの他の銀行も支払い能力の問題に直面しています。UBSは3月19日、政府仲介の取引でクレディ・スイスを30億スイスフラン(約32億5000万ドル)で買収することに合意しました。

FDICによると、ニューヨーク・コミュニティ銀行は3月19日、シグネチャー・バンクの大部分を27億ドルで買収することで合意しました。Signature Bankの支店は、New York Community Bankの子会社の1つである Flagstar Bankと呼ばれています。

3月14日、ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、コメリカ銀行、ファースト・リパブリック銀行、イントラスト・ファイナンシャル、UMBフィナンシャル、ウェスタン・アライアンス・バンコーポレーション、ザイオンス・コーポレーションを含む6つの地方銀行を信用格付け引き下げの審査対象としました。これらの格付けの理由には、多額の含み損と巨額の損失が含まれています。

連邦準備制度は何をしているのでしょうか?

3月12日、政府はSVBのすべての預金をカバーすることを保証しました。ただし、この保証には株主や無担保債権者は含まれません。

保険に加入している預金者は3月13日に資金にアクセスできるようになりました。FDICは保険に加入していない預金者に前払い配当を支払う予定です。彼らは、FDICがSVBの資産を売却する際に、残りの資金を受け取るための無保険資金の残額が記載された証明書を受け取ります。

FDICは通常、破綻した銀行の資産を他の銀行に売却する。これらの収益は無保険の預金者に返済されます。

シリコンバレー銀行の元親会社であるSVBフィナンシャル・グループは、3月17日に連邦破産法第11条に基づく破産保護を申請しました。この申請は、シリコンバレー銀行の株主が民事訴訟でSVBフィナンシャル・グループを標的にした後に行われました。管理者は債権者の請求を返済するために資産を売却します。

シリコンバレー銀行(SVB)の突然の破綻は、特に中小企業や金融セクターに長期的な影響を及ぼす可能性があります。米国政府による預金保証の介入は短期的には市場のパニックを鎮める効果があるかもしれませんが、この出来事は金利上昇の背景と、他の銀行が同様に債券価格の下落への過度の投資によって脆弱になっている可能性を浮き彫りにしています。

テクノロジーセクターへの直接的な影響

テクノロジーセクターは、既に不景気に見舞われ、大手テクノロジー企業が人員削減を余儀なくされている状況で、SVBのような主要な支援者の失墜はさらなる打撃となります。他の銀行がリスクを避けるようになれば、特に資金調達が困難な新興企業は厳しい状況に直面するかもしれません。SVBの破綻は、財政管理の重要性を強調し、企業に金利上昇、サプライチェーンの問題、資本調達の難しさへの対策を促します。

預金の安全性への信頼回復

SVBの破綻が引き起こした不安の中で、消費者や企業が自身の預金の安全性に対してより慎重になることが予想されます。FDICの保険限度額内で資金を分散させる、追加保険を提供する銀行を選択する、複数の金融機関を利用してリスクを分散させるなどの予防策が、銀行に預けられる資金の安全を確保するための新たな常識となるでしょう。

SVB崩壊後の金融セクター

SVBの破綻から1年後、銀行業界は恐らく厳しい規制と監視の下に置かれるでしょう。銀行が資金提供を申請するために連邦住宅金融局(FHLB)などの機関への依存度を高める可能性があります。銀行セクターは変革の時期を迎え、将来の危機への対応能力が低下する可能性があるため、金融システムの回復力に対する疑問が投げかけられています。

SVBの崩壊は、銀行業界だけでなく、ビジネス界全体に対する金融戦略の再評価を促すことになるかもしれません。多様化と保護の重要性を認識し、複数の金融機関を活用することが、今後の企業経営における新たな標準となり得ます。