CapitalVault Crypto: お客様と共にデジタル経済の発展へ

CapitalVault Crypto: お客様と共にデジタル経済の発展へ
9
0
0

10年余り前にビットコインが誕生して以来、暗号通貨は爆発的な人気を博し、現在では総額1兆ドル以上の価値があります。批評家たちは、初期の業界の不安定性の一因として監視の欠如を指摘していますが、規制当局は追いつき始めています。一方で、多くの政府は独自のデジタル通貨に投資することで、暗号通貨を動かすテクノロジーを活用しようとしています。

 

暗号通貨とは何ですか?

 

暗号通貨は、仮想コインを鋳造するために暗号原理を使用する仮想通貨であり、通常、仮想ウォレットを持つ人同士が分散型コンピューターネットワーク上で交換されます。これらのトランザクションは、ブロックチェーンとして知られる分散型の改ざん防止台帳に公的に記録されます。このオープンソースのフレームワークにより、コインの複製が防止され、銀行などの中央機関が取引を検証する必要がなくなります。2009年にソフトウェアエンジニアのサトシ・ナカモト氏によって立ち上げられたビットコインは、これまでで最も著名な仮想通貨であり、その時価総額はピーク時に1兆ドルを超えました。近年、2番目に人気のあるイーサリアムを含む他の多くの仮想通貨も急増しています。

 

ビットコインの「マイナー」は、複雑な数学の問題を解いてブロックを整理し、ネットワーク上のトランザクションを検証することでコインを獲得する。このプロセスには「プルーフ・オブ・ワーク」として知られるシステムが必要です。多くの暗号通貨がこの方法を使用しているが、イーサリアムや他の一部の通貨では代わりに「プルーフ オブ ステーク」として知られる検証メカニズムが使用されています。ビットコインの場合、トランザクション ブロックが10分ごとにチェーンに追加され、その時点で新しいビットコインが付与されます。(報酬は時間の経過とともに着実に減少する。) ビットコインの総供給量は 2,100 万コインに制限されていますが、すべての暗号通貨にそのような制約があるわけではありません。

ビットコインや他の多くの暗号通貨の価格は、世界的な需要と供給に基づいて変動します。ただし、一部の暗号通貨は他の資産によって裏付けられているため、その価値が固定されており、そのため「ステーブルコイン」と呼ばれています。これらのコインは、コインあたり1ドルなど、従来の通貨とのペッグを主張する傾向がありますが、2022年の一連のボラティリティの中で、そのような通貨の多くはペッグから外れました。

 

なぜ人気があるのでしょうか?

かつてはテクノロジーの伝道者たちの縁起物として無視されていましたが、暗号通貨、特にビットコインは急速に主流の人気となり、評価額は数兆ドルに達しました。2021年11月、ビットコインの価格は初めて6万ドル以上に上昇しましたが、その後は下落しました。 2023年半ばの時点で、ピュー・リサーチ・センターが調査した米国成人の推定17パーセントが仮想通貨への投資、取引、または使用を経験しています。

 

通貨が異なれば魅力も異なるが、仮想通貨の人気はその分散型の性質に大きく起因しています。仮想通貨は、取引を阻止したり手数料を請求したりする可能性のある銀行を必要とせず、国境を越えても比較的迅速かつ匿名で送金できます。独裁国家の反体制派は、米国の対ロシア制裁を回避するなど、国家規制を回避するためにビットコインで資金を集めています。 

 

一部のアナリストは、デジタル資産は主に投資のツールであると述べています。ビットコイン支持者の中には、中央銀行が無制限に拡大できる法定通貨とは異なり、供給量が恒久的に固定されているため、仮想通貨をインフレに対するヘッジと見なす人もいます。しかし、2022年に株式市場のボラティリティの中でビットコインが急落した後、多くの専門家がこの議論に疑問を呈しました。他の仮想通貨の評価は説明が難しい場合があり、その多くはデジタル資産業界内のより大きなプロジェクトに関連しています。ドージコインなどの一部の暗号通貨はジョークとして作成されましたが、その価値を保持し、著名な投資家からの投資を集めています。

ラテンアメリカやアフリカのいくつかの国を含め、歴史的に通貨が弱い国々では、ビットコインがポピュリスト指導者の間で人気となっています。2021年、エルサルバドルはビットコイン法定通貨(住民はビットコインで税金を支払い、債務を解決できる)を発行した最初の国となり話題を呼んだが、2023年にビットコインをその目的で使用した人は15パーセント未満だった、との世論調査によると中米大学の結果もあります。

ビットコインやその他の仮想通貨の価格は大きく変動しており、一部のアナリストは、これが取引手段としての有用性を制限していると述べています。がそれにもかかわらず、一部の企業はビットコインを受け入れています。

専門家らは、ステーブルコインは支払い手段として他の仮想通貨よりも効果的である可能性があると述べています。ステーブルコインの価値はその名前が示すとおり比較的安定しており、クレジットカードやウェスタンユニオンなどの国際送金サービスに関連する取引手数料なしで即座に送金できます。さらに、ステーブルコインはスマートフォンがあれば誰でも使用できるため、従来の銀行口座を持たない何百万人もの人々を金融システムに参加させる機会となります。しかし、特に2022年の市場のボラティリティの中でいくつかのステーブルコインが1ドルペッグを下回ったことを受けて、規制当局からの監視が強化されています。

 

中央銀行デジタル通貨とは何でしょうか?

主権を主張する取り組みの一環として、米国連邦準備制度を含む多くの中央銀行は、中央銀行デジタル通貨 (CBDC) として知られる独自のデジタルキャッシュの導入を検討しています。 CBDCの支持者にとって、CBDCは、それに伴うリスクなしで、暗号通貨の速度やその他の利点を約束する。世界経済の98%以上を占める多数の国がCBDC を検討しています。11か国がCBDCを本格的に開始しました。全員が低所得者で、10カ国がカリブ海諸国にあります(ナイジェリアは11番目)。2023年、中国は試験的に導入したCBDCを公式の通貨流通計算に含め始めましたが、デジタル人民元は中央銀行の現金と準備金のわずか0.1%にすぎませんでした。米国では、デジタルドルの必要性をめぐってFRB当局者の間で意見の相違があると伝えられています。

CBDCの導入は、国民が中央銀行に直接口座を持つことを含む1つの方法です。これにより、政府は経済を管理するための新たな手段を得ることができ、景気刺激策やその他の給付金を国民に直接振り込むことが可能になります。しかし、専門家らは、CBDCの導入により、権限やデータ、リスクが単一銀行内に集中し、プライバシーやサイバーセキュリティが侵害される可能性があるという新たな問題を引き起こす可能性があると述べています。

 

総括として、CBDCが商業銀行を仲介者として排除することにはリスクが伴うとされています。これらの銀行は信用の創造や融資の実行など、経済における重要な役割を果たしています。人々が中央銀行に直接口座を持つことを選択した場合、中央銀行は消費者借り入れを促進する必要があるかもしれませんが、その能力が不十分であり、新たな信用注入方法を模索する必要があるかもしれません。そのため、CBDCよりも民間の規制されたデジタル通貨の方が望ましいとの見方もあります。

 

このような背景のもと、CapitalVault Cryptoは金融技術革新の最前線に立ち、デジタル資産サービスを提供することで、新しい金融の形を創造しています。私たちの使命は、技術を通じて、より安全で効率的な金融取引を可能にし、デジタル経済の発展に貢献することです。CapitalVault Cryptoは、ビットコインやデジタルドルなどの新しい資産クラスに関する深い理解を提供し、投資家がこれらの新しい機会を最大限に活用できるよう支援しています。

 

さらに、私たちは顧客に対して包括的な教育プログラムを提供し、デジタル資産の安全な取り扱いや投資戦略に関する知識を深めることもできます。私たちは、仮想通貨市場の透明性と信頼性を高めるために、最新の技術と厳格なセキュリティ対策を導入しています。デジタル通貨の将来に向けて、CapitalVault Cryptoはお客様と共に、革新的な金融サービスの開発を目指しています。