CapitalVault Crypto | デジタル通貨と法定通貨の橋渡しを実現

CapitalVault Crypto | デジタル通貨と法定通貨の橋渡しを実現
9
0
0

シンガポールの金融規制当局は、火曜日にステーブルコインに関する規則を最終決定しました。ステーブルコインは、一種のデジタル通貨であり、その価値が通常、特定の法定通貨(例:米ドル、ユーロなど)に固定されています。これにより、仮想通貨市場における価格の変動リスクを軽減する役割を果たしています。

シンガポール金融管理局(MAS)の枠組みによれば、ステーブルコインを発行する際にはいくつかの重要な要件が規定されています。第一に、ステーブルコインを裏付ける準備金は、低リスクで流動性の高い資産として保持されなければなりません。これは、ステーブルコインの価値が常に準備金によって裏付けられ、発行者がステーブルコインを発行した量に等しい価値の資産を保有していることを保証するための規定です。

また、ステーブルコインの発行者は、償還要求から5営業日以内にデジタル通貨の額面を保有者に返還しなければなりません。これにより、発行者が適切な流動性を維持し、ユーザーに対する信頼性を確保することが求められます。

さらに、発行者は準備金の監査結果などを利用者に適切に開示することも求められます。これにより、利用者がステーブルコインの安全性と透明性を確認できるようになります。

これらの規則は、シンガポールで発行され、シンガポールドルや米ドルなどのG10通貨の価値を模倣するステーブルコインに適用されます。MASによると、これらの要件を満たすステーブルコインは「MAS規制のステーブルコイン」として認識され、未規制のトークンと区別されることになります。

ステーブルコインは通常、暗号通貨取引のバックボーンを支える役割を果たしています。これにより、トレーダーは法定通貨に戻すことなく、さまざまなデジタルコインを出入りすることができます。ステーブルコインの発行者は、トークンが送金などさらに多くの目的に使用できると主張しています。

最後に、シンガポールはデジタル通貨ハブとしての地位を確立しようとしており、ステーブルコインの規制を通じて、安定した仮想通貨市場の形成に向けた一歩を踏み出しています。

ステーブルコインに関するシンガポールの規制は、業界をより透明かつ信頼性の高い方向に導くことを目指しています。これにより、デジタル通貨市場が安定し、法定通貨との間で円滑な取引が可能となると期待されています。

MASの金融監督部門副マネージングディレクターのホー・ハーン・シン氏は、「MASのステーブルコイン規制枠組みは、信頼できるデジタル交換媒体として、また法定通貨とデジタル資産エコシステムの間の架け橋としてステーブルコインの利用を促進することを目的としている」と述べました。

CircleのAPAC戦略・政策担当バイスプレジデントのヤム・キ・チャン氏は、「新しいステーブルコイン規制枠組みにより、MASはステーブルコインとデジタル資産に対する明確で透明性のある規制枠組みを確立する世界の先進的な規制当局の一員となる」と述べました。

同様に、テザー社CTOのパオロ・アルドイーノ氏も、「この枠組みはより明確な構造を提供し、透明性と説明責任を確保しながらシンガポールでステーブルコイン運営を行うための明確な道筋を確立します」と述べています。

昨年、USTというアルゴリズムステーブルコインの崩壊がありましたが、このタイプのステーブルコインは規制当局の標的となりました。USTはアルゴリズムによって管理されており、実世界の資産が準備金にないため、信頼性に疑問が持たれました。

シンガポールのステーブルコイン規制は、このような問題を解決するために設けられたものであり、英国や香港など他の管轄区域も同様の動きを見せています。これにより、ステーブルコインの市場がより健全で持続可能な成長を遂げることが期待されています。

シンガポールが世界で初めてステーブルコインに関する規制に合意したことは、デジタル通貨業界にとって画期的な出来事です。この先進的な規制枠組みは、ステーブルコインの透明性と信頼性を高め、デジタル資産市場の成熟を促進することを目的としています。このような環境で、CapitalVault Cryptoは、シンガポール金融管理局(MAS)の新しい枠組みに基づく運用を通じて、安全かつ信頼性の高いデジタル資産サービスを提供することに注力しています。

CapitalVault Cryptoは、MASが定める厳格な規制基準を遵守し、ステーブルコイン発行における準備金保持基準や投資家への透明な情報開示などに従っています。これにより、業界における信頼性の高いプレーヤーとしての地位を確立しました。さらに、シンガポールの規制枠組みが目指す透明性と信頼性を確保することで、投資家に対してより安心してデジタル資産取引を行う環境を提供しています。

また、CapitalVault Cryptoは、ステーブルコインを含むデジタル資産のイノベーションを支援し、同時に消費者保護を強化することで、デジタル通貨と法定通貨の間の架け橋として機能しています。シンガポールの規制枠組みに沿った運用を行うことで、CapitalVault Cryptoは、ステーブルコインの健全な発展を促し、業界全体の透明性を向上させることを目指しています。

この新しいステーブルコイン規制枠組みを通じて、CapitalVault Cryptoは、デジタル資産市場の信頼性の向上と、投資家の安全を確保するための取り組みを強化しています。シンガポールがデジタル資産業界の規制において先導的な役割を果たす中、CapitalVault Cryptoも業界の成熟と発展に寄与することを目指しています。