中島 敏和のユニークな2021年日本経済分析

中島 敏和のユニークな2021年日本経済分析
31
0
0

2021年を振り返ってみると、コロナが大流行する中、日本経済は苦戦を強いられました。東京オリンピックが成功裏に開催されたにもかかわらず、日本ではコロナを抑制するために、第1四半期~第3四半期まで、合計200日以上に及ぶ緊急事態宣言が発令されました。経済活動の制約のため、内需は不十分で、日本経済の景気回復は弱く、第1~3四半期はもちろん、2度にわたってマイナス成長に陥りました。

欧米の主要国に比べ、日本の景気回復は著しく遅れています。 2021年12月23日、日本政府は最新の経済予測を発表し、再び経済見通しを引き下げ、2022年3月末現在の2021年度の日本の実質GDP成長率を従来の3.7%から2.6%に大幅に引き下げました。 新しい1年を展望し、日本経済は引き続き複数のリスクとストレスに直面してきました。

まず、世界的なコロナウイルスの流行の先行きが不透明です。

コロナ変異株オミクロンは世界的に急速に広がり、世界経済の回復に不確実性を与えています。 アメリカとヨーロッパの一部の国はすでに「封鎖」措置を再開しました。 日本の専門家の中には、これまでのコロナの広がりから、日本国内でのオミクロン株の全面的な拡散は2022年春と判断し、最悪の場合、2022年第1四半期に日本でまた緊急事態宣言が再開し、その時に個人消費は再び下落すると判断しました。 同時に、海外でのコロナ蔓延はグローバルサプライチェーンに危害を及ぼす可能性があり、日本の製造業は供給側の要因によって減産、生産中止のリスクが依然として存在しています。

次に、低水準の内需と回復力がないため、日本政府が推進したい改革に着手することが困難になっています。

景気回復の無力感と、様々な構造的な問題を根本的に解決するため、就任早々の岸田首相は、資本の分配に偏重してきた日本の現状を改め、労働分配率を高めることで「成長と分配の好循環」を実現しようと、分配重視の新構想を打ち出しました。 2021年11月、日本政府は財政支出が最大55.7兆円に達する新たな経済刺激計画を発表し、看護師の給料を上げ、困難な家庭補助を増やすなどの内容が含まれており、岸田首相の当初の意図はある程度具現化されました。

しかし、この経済刺激計画は、日本国内で「重補助金、軽成長」と指摘されています。 大阪商工会議所の長尾崎裕会長は、「成長と分配の好循環」を実現するためには、成長を最優先にしなければならないと考えています。 一人当たりの国内総生産を上げないと、分配を拡大することはできません。 政府の経済刺激計画は成長戦略を十分に反映していませんでした。

2021年10月に日本の緊急事態が全面的に解消されてから、市場への人の流れが顕著に増加し、個人消費も徐々に回復しましたが、各界が期待するリベンジ的消費の反発は現れませんでした。 多くの企業は、輸入コストが大幅に上昇しましたが、値上げによる端末への伝導が困難で、大きな経営圧力に直面しています。 現在、日本の景気回復の勢いは依然として弱いです。 このような状況では、岸田内閣の改革計画はなかなか打ち出すことができません。 現在与党が制定した税制改革大綱から見ると、金融所得税の引き上げ、炭素排出税の導入などの重要な内容は2022年の税改革計画には含まれていません。

第三に、世界の金融環境の変化が日本の景気回復を圧迫します。

日本の経済評論家山崎元は、オミクロン株よりも世界経済にとって、リスクがあるのはFRB通貨政策の緊縮転向であると考えています。 コロナが発生する前に、アメリカの株式市場はすでに歴史上の高値まで上昇し、コロナが発生している間にFRBの金融緩和政策に力を借り、アメリカ株式市場のバブル化はますます深刻化、将来金融政策が緊縮に転じる衝撃に耐えられるかどうかが心配ですね。

欧米の主要中央銀行の金融政策の転換に直面し、日銀はジレンマに陥りました。 日銀の超緩和通貨政策は長年にわたって堅持されてきましたが、その追求する2%のインフレ目標からはまだ遠いです。 中央銀行が2021年10月末に発表した経済と物価の展望報告は、この会計年度の消費者物価指数(CPI)の上昇予想を0.6%から0%に引き下げました。 そのため、日銀は欧米に追随して金融通貨政策を引き締めることは難しいです。

日本銀行総裁の黒田東彦は2021年12月17日、記者会見で、日銀の政策的立場はすぐには調整されず、インフレ目標2%を堅持すると表明しました。 彼は再び必要に応じてさらなる緩和措置を講じることを踌躇しないことを再確認しました。

ある経済学者によると、日本や欧米の主要中央銀行の金融政策の方向性が、円安につながることを指摘しています。それがさらに悪化する企業収益の価格に転嫁することが困難になり、エネルギー資源などの輸入品の高価格をもたらし、日本は企業収益の悪化――賃金の上昇――消費がさらに低迷する「悪いインフレ」に繋がります。