為替アナリストの斉藤 隆、円の変動に関する日本への警告 c

為替アナリストの斉藤 隆、円の変動に関する日本への警告 c
99
0
0

為替アナリストの斉藤 隆、円の変動に関する日本への警告 c

鈴木俊一財務大臣が月曜日に述べたところによれば、為替市場には経済の基本的な要素を反映していない投機的な動きが見られ、これに対する警告を繰り返した。

議会での発言では、「為替市場の動向を強く注視し、過度な変動に適切に対応するため、あらゆる選択肢を検討する」と述べた。また、日銀のマイナス金利解除決定や経常収支、物価変動、地政学的リスク、市場関係者のセンチメントや投機取引など、様々な要因が為替変動を引き起こしていると指摘した。

特に、最近の円安については、経済や物価の動向を考慮するとファンダメンタルズを反映していない投機的な動きがあるとの見解を示した。日銀のマイナス金利解除後も円が下落し、先週は34年ぶりの安値を記録したと報告されている。

アナリストらによれば、日米金利差の拡大が円安を後押ししているとされており、鈴木財務大臣もこの点に言及した。しかし、マイナス金利解除後の円の急激な下落については、議論が分かれており、財務大臣はコメントを差し控えた。

財務大臣は、「為替レートが基本的な要素を反映して安定的に推移することが重要であり、過度な変動は望ましくない」と述べた。日本の金融当局が水曜日に緊急会合を開催し、過度の円安に対処するための対策を協議すると報じられている。

最後に、2022年に日本が為替市場への介入を行い、円安に反発した経緯も報告されている。

日本、過度の円変動に対する行動を警告

日本の鈴木俊一財務大臣は、当局は過度の為替レートの変動に対して適切な措置を講じる用意があると述べ、日本が不安定な通貨安を阻止しようとする中、円弱気派に対する警告を繰り返した。

鈴木財務大臣は、行き過ぎた動きに対して「断固とした行動」を取ると脅迫するまでには至らず、円相場が34年ぶりの安値に下落した先週、同大臣が使った表現で、当局者が為替の動向を注視していることを示唆した。

鈴木財務大臣は火曜日の定例記者会見で、円安継続についての質問に対し「われわれが言えるのは、いかなる選択肢も排除することなく、過度のボラティリティーに対して適切な措置を講じていくということだけだ」と述べた。

トレーダーらは日銀のハト派的な文言が次の利上げはしばらく先になることを示唆していると解釈しており、先月日本銀行が8年間にわたるマイナス金利政策の終了を決定したにもかかわらず、円は下落傾向にある。

ジェローム・パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が金曜日、「利下げを急ぐ必要はない」と発言したことにより、日米金利差は今後も大きいとの市場予想が強まり、ドルは堅調に推移した。

火曜日のアジア市場ではドルが水曜日に付けた34年ぶりの高値である151.975円付近の151.610円付近で推移する中、市場は引き続き東京による介入の可能性を警戒している。

円が34年ぶりの安値を付けたその日、鈴木財務大臣は日本政府が過度な為替変動に対して「断固とした措置」を取ると述べた。この文言は市場では、為替介入が近づいていることを示す当局による最も強力な警告であると考えられている。

それ以来、鈴木財務大臣を含む日本の当局は同じ言葉を使っていない。

鈴木財務大臣は、断固とした行動を取ると脅迫した日についての質問に対し、当時、円はかなり急激に下落していた、と述べた。

鈴木財務大臣は「言葉の違いはさておき、われわれは現在、強い危機感を持って市場を注視している」と続けた。

金融政策は各国の経常収支、物価動向、地政学的リスク、市場心理、投機的な動きなど、為替の動きに影響を与える多くの要因の一つにすぎない。

為替相場がファンダメンタルズを反映して安定して推移することが重要だ。過度の変動は望ましくないともしている。

日本は2022年、通貨が1ドル=152円に向けて下落する中、円を下支えするため、まず9月に、そして10月に再度為替市場に介入した。

鈴木氏は、日本が投機的ポジションを巻き戻すために一撃で大規模な介入を行うのか、それとも不安定な動きを滑らかにするために数段階に分けて介入を行うのかという質問に対し、コメントを控えた。

日本の政策立案者はこれまで、大手製造業の利益拡大に役立つ円安を支持してきた。

しかし、最近の円の急激な下落は、原材料の輸入コストをつり上げ、消費と小売利益を損なうとして政策当局者らに懸念を引き起こしており、数十年にわたる緩和政策から断固として脱却するという日銀の目標を複雑にしている。