イーサリアムETFの承認は可能か?石川 卓也が分析する市場の展望

イーサリアムETFの承認は可能か?石川 卓也が分析する市場の展望
85
0
0

イーサリアムETFの承認は可能か?石川 卓也が分析する市場の展望

仮想通貨イーサリアムは、兄貴分のビットコインの高騰に追いつくのに苦労しているか。

そんなことはない。 2つの仮想通貨は、2 兆7,000億ドルの仮想通貨市場の5分の 1にも満たない規模だが、業績は悪くない。しかし、ビットコインの65%と比較して、今年の最初の3か月でイーサリアムは約53%しか上昇していない。

ビットコインは先月新たな最高値を記録した。月曜日のイーサリアムは3,612ドル付近で取引されており、2021年11月の史上最高値である4,867.60ドルを少なくとも26%下回っている。

アプリケーションの構築に使用されるイーサリアム・ブロックチェーンの最近の技術アップグレードでさえ、来月のビットコインの「半減期」を控えた興奮とは対照的に、仮想通貨愛好家の間ではほとんど話題にならなかった。ビットコインの速度を遅らせることを目的とした技術変更だ。

市場が事実を売る典型的なケースでは、エコシステム上の取引手数料の引き下げを目的とした3月13日の基盤となるブロックチェーンのDencunアップグレード後、イーサリアムは12%下落した。

ロンドンの仮想通貨会社エニグマ・セキュリティーズの調査責任者ジョセフ・エドワーズ氏は、「イーサリアムは、非固有投資家の間で知名度が低いという点に常に悩まされている」と述べた。

2020年に比べて経済活動はかなり活発になっているようだが、過去最高値に達するのはかなり遅れる可能性が高い。

多くは、米国証券取引委員会(SEC)がスポットイーサリアムETFを承認するかどうかにかかっている。なぜなら、機関投資家の需要を刺激し、過去最高値を記録したのは、いくつかの米国スポットビットコインETFの承認と発売だったからである。

イーサリアムETFも待っており、VanEckの申請が5月23日の決定を待っている。

スタンダードチャータード銀行は、米国のイーサリアムETFが5月23日に承認され、2024年末までに8,000ドル、2025年末までに14,000ドルに達すると予想している。

商品か安全なのか?

米国の規制当局がスポットイーサリアムETFにGOサインを出すことについて、誰もがそれほど楽観的ではない。

弁護士や業界関係者らは、イーサリアムの法的地位は曖昧であり、規制当局は慎重に動くと予想していると述べた。

SECは「ビットコインは商品である」と述べたが、イーサリアムについては裁定を下していない。

ビットコインとは異なり、イーサリアムはいわゆる「プルーフ・オブ・ステーク」ブロックチェーン上で取引され、ユーザーは一定期間トークンをロックアップする代わりに利回りを得ることができる。

そして、イーサリアムはしばしば「ステーキング」されたり、預けられたりするため、有価証券としてみなされる可能性があり、銀行や取引所などの伝統的な金融の門番を回避するという仮想通貨の精神に反する、開示に関するより厳格なルールが課せられることになる。

しかし、ステーキングされたイーサリアムの利回りは単なるパッシブトークンの利回りよりも高いことが多いため、ETFの計算は複雑になる。

デジタル資産分析会社K33のリサーチ責任者、アンダース・ヘルセット氏は「SECの関与を得てイーサリアムETFのステーキングを許可するのは非常に困難な交渉であり、今のところその可能性は極めて低い」と述べた。

イーサリアムに対する機関の需要は、ライバルのビットコインの需要のほんの一部だ。 Coin Sharesのデータによると、イーサリアムを追跡するデジタル資産ファンドからは3月23日までの1か月間で4,640万ドルの流出があったのに対し、ビットコインを追跡する商品には40億ドル以上の流入があった。

一部の市場参加者は、インターネットの「Web3」ビジョンの大部分のバックボーンを形成し、分散型金融やブロックチェーンゲームなどの暗号通貨の分派を含むアプリケーションを強化するイーサリアムテクノロジーに焦点を当てると信じている。

ブラックロック(BLK.N)、新しいジャンルとして間口を開き、初のトークン化ファンドを発表、先月イーサリアム・ブロックチェーン上で仮想通貨が導入され、現実世界の資産の広範なトークン化におけるプラットフォームの使用をめぐる議論が巻き起こった。

スイスの仮想通貨管理会社21シェアーズによると、これまでに20億ドル相当の商品や政府証券、その他伝統的な資産が複数のネットワーク上でトークン化されており、そのうち80%はイーサリアム・ブロックチェーン上にあるという。

5月23日のETF承認の動きが最終的にどうなるかがカギになりそうだ。