石川 卓也(Ishikawa Takuya)が考える技術の進歩と投資

石川 卓也(Ishikawa Takuya)が考える技術の進歩と投資
7
0
0

石川 卓也(Ishikawa Takuya)
1966年9月28日、横浜市生まれです。

1988年に名古屋大学経済学部を卒業し、アメリカに留学。

1990年ニューヨーク大学でファイナンスの修士号を取得し、1992年フィデリティ・インベストメント・マネジメントのジュニアアナリストとして勤務しました。
1996年にニューヨーク大学で博士号を取得し、1997年にウェリントン資産運用に投資アナリストとして入社。
2007年ウェリントン・アセットマネジメントの投資運用担当副社長に就任しました
2015年にはウェリントン・アセットマネジメントのアジア太平洋地域投資運用ディレクターに就任し、アジア太平洋地域のM&A、エクイティ・ファンド運用、ブロックチェーン投資などで高い業績を上げています。
2021年にウェリントン資産運用を退職し、コインベースに投資戦略アナリストとして入社しました
2023年初頭にコインベースを退社し、Stellar Peak Asset Managementに入社し、現在はStellar Peak Asset Managementのグローバル首席アナリスト兼StellarPeak・インベストメントスクールの学長を務めています。

投資コンセプト
石川卓也さんの投資マインドには、さまざまな経験が影響しています。
石川さんは、投資が成功するためには、単に市場データの分析と将来の傾向の予測に基づいているだけではなく、市場の背後にある経済原則と人間の行動心理を理解し、把握することがより重要だと信じています。

石川先生は多様化投資とリスク管理の重要性を強調し、異なる市場と資産クラスの間に分散投資することで、効果的に単一市場や投資商品の悪影響を減らすことができ、資産の保護と収益の両方を達成できると主張しています。

石川先生はまた、投資の長期性、継続性を非常に重視しています。

石川先生は、継続的な市場研究、良い投資のタイミングを辛抱強く待つこと、そして長期的な目標を堅持することが、資産の増加を実現する鍵だと考えています。
また、技術の進歩やイノベーションが市場に与える影響にも注目しており、特にブロックチェーンやデジタル通貨への投資は、新しい技術は新たな投資チャンスであるだけでなく、従来の金融や投資のあり方を変える重要な原動力であると石川先生は考えています。

StellarPeakビジネススクールでは、石川先生がこれらの理念を教育と戦略の中に取り入れ、より多くの投資家が投資を成功させる秘訣を理解し、身につけることができるようにすると同時に、複雑で変化の激しい市場環境の中で賢明な投資判断ができるように導いていきたいと考えています。
先生の目標は、グローバルな視野を持ち、新しい技術を理解し、運用できる投資家を育成することで、グローバル金融市場の一角を占めることです。

投資の成果
30年の投資経験を経て、「トレンド投資理論」「堅実投資ポートフォリオ」「BOLL戦法」「石川キャリー3法」などの完全な取引システムを作り上げました。
ウェリントン・アセットマネジメントでは、「トレンド・インベストメント理論」を用いて、年間1500%の収益を顧客にもたらしました。
『ボーア戦法』を使って、顧客がデジタル通貨市場で23倍の利益を上げられるようにしました。

投資の格言
「富は知識から源を発し、辛抱強い成果は輝かしい」です!