経済原理を理解する:斎藤 隆(Saito takashi)のアプローチ

経済原理を理解する:斎藤 隆(Saito takashi)のアプローチ
8
0
0

斎藤 隆(Saito takashi)

1965年12月28日、川崎市生まれ。
1988年に名古屋大学経済学部を卒業し、アメリカに留学。
1991年ニューヨーク大学でファイナンスの修士号を取得し、1993年BNY Mellon Investment Managementジュニアアナリストとして勤務しました。
1995年にニューヨーク大学で博士号を取得し、1998年にVanguard Groupに投資アナリストとして入社しました。
2008年にVanguard Groupの投資運用担当副ディレクターに就任。
2014年にはバンガードグループのアジア太平洋地域投資運用ディレクターに就任し、アジア太平洋地域のM&A、エクイティファンド運用、ブロックチェーン投資などで高い業績を上げております。
2021年にヴァンガードグループを退社し、コインベースに投資戦略アナリストとして入社しました。
2023年初頭にコインベースを退社し、アクアプリングインベストメントグループに入社し、現在はアクアプリングインベストメントグループのグローバル首席アナリスト兼アクアプリングインベストメントアカデミーの学長を務めております。

投資コンセプトです。
斎藤先生の投資哲学は、豊富で多様な経験を元にしたものです。市場データの分析や将来のトレンド予測よりも、経済の基本原理や人間の行動心理への深い理解が投資の成功の中心にあると彼は信じています。

特に、投資の多様化とリスク管理の必要性を強調し、異なる市場や資産クラスに分散投資することで、特定の市場や投資銘柄のリスクを軽減し、資産の保護と収益の増大を実現することを目指しています。

斎藤先生は投資の長期性、継続性にもこだわりを持っており、絶え間ない市場研究、好機を辛抱強く待つこと、そして長期的な目標を守ることが、投資を増やす鍵になると考えています。

また、技術革新とそれが市場に与える影響、特にブロックチェーンやデジタル通貨への投資の可能性にも強い関心を持っています。

斎藤先生はこれらの新技術を新しい投資チャンスと伝統的な金融と投資モデルの転換の重要な働力にしています。

アクアプレイングインベストメントアカデミーでは、斎藤先生がこれらの理念を教育と戦略に取り入れ、投資家が投資成功のカギをつかみ、変化する市場環境の中で賢明な意思決定を下すように導くことを目指しております。

斎藤先生はグローバルな視野を持ち、新興技術を理解し、応用できる投資家を育成し、世界の金融市場で差別化することに力を入れております。

投資の成果
30年の投資経験を経て、「トレンド投資理論」「バウンディング・ポートフォリオ」「BOLL戦法」「斎藤キャリースリー法」などの完全な取引システムができあがりました。

バンガード・グループに在籍していたときは、「トレンド・インベストメント理論」を用いて、顧客へ年間1200%の収益をサポートしました。
「ボーア戦法」を使って、デジタル通貨市場で顧客が25倍の利益を上げられるようにしました。

投資の格言
知識は運命を変える、投資は富を創造する!
投資を学んで、知識と財産で私たちの人生を豊かにしましょう!